100日書評チャレンジを終えて〈後編〉&新ブログオープンのお知らせ

スポンサーリンク

※こちらは、以前投稿した〈前編〉の続きになります。

100日書評チャレンジを終えて〈前編〉(継続のコツ・頭に残る読書方法など)

(前後でたいした繋がりはないので、読んでいないと困るということは特にありません。)

「100日書評チャレンジ」という小さな取り組みから、経験談としてなるべく実用的な部分を絞り出したのが〈前編〉でした。

続く〈後編〉では、さらに人間関係に焦点を当て、主として僕から皆さんへの感謝とお知らせを綴ります。

ザッとまとめると以下の3点です。

本当にありがとうございました

今回のチャレンジ、開始当初こそ細々としたスタートだったのですが、ありがたいことに徐々に見て下さる方が増えていき

チャレンジ完遂を告げる100日目のツイートには、ちっぽけな僕には見合わないほどたくさんのリアクションを頂きました。

あまりに嬉しかったのでいくつか引用させて頂きます。

(全てを引用するとそれだけで何スクロール分にもなってしまいそうだったので一部のみになります。載せられなかった方々、すみません。本当に本当にありがとうございました。)

同じく読書を習慣とされている方からのありがたいお言葉や、「全て見た」という嬉しすぎるお言葉まで。

特に最後に掲載させて頂いた山根さんに関しては、1日目から100日目まで、1回も欠かすことなく僕のツイートにコメントを添えて引用リツイートして下さりました。

ある意味「100日書評チャレンジ」ならぬ「100日書評一言コメントチャレンジ」の影の達成者です。

本当に感謝してもしきれません。

ほかにも、「毎日感想を書かれていたのでフォローしました!」「知り合いがいいねしてて見つけました!」など、チャレンジを通して僕のことを知って下さった方もたくさんいました。

さらには何度か本の著者さんご本人からコメントを頂いたことも(涙)。

本来の僕でなら到底辿り着けなかった場所にまで連れて行ってくれるのがチャレンジの凄さだなぁ•••と。

そして、そういった声に日々パワーを頂いていました。

改めまして、

チャレンジに対してリアクションして下さった方々。

リアルタイムでは追っていなくとも今この記事に辿り着いて下さっているそこのあなた。

すべてをひっくるめて、という形にはなってしまいますが、本当に本当に心からありがとうございました。。。

大事なことなので2回言います。

本当にありがとうございました。

もっと大きなステージで

そういった感じで皆様から「本を読みたくなりました!」「読みたい本が見つかりました!」などのリアクションを頂くうち、僕の中である思いが湧き上がってきました。

「もっと多くの方に届けたい」

というものです。

甚だ図々しいのは自分でも充分に承知しています。。。笑

それでも•••こんな僕にでも•••誰かしらの力になることができるのなら、その「誰かしら」の範囲を広げていきたいという心の声は否定することができません。

なので100日書評チャレンジ終了と共に、プラットフォームとしてはややクローズドな要素を含んでいたアメブロを卒業し、

(否定しているわけではありません。手軽に始められる媒体としては最高でした。管理体制も抜群。オススメ!)

より外の世界に向けた発信に適している独自のブログを開設しようと思い至りました。

新生「のんびぶろぐ」始動

という爆発的に長い前置きに担がれるような形で、改めてこの新生「のんびぶろぐ」のオープンをご報告させて頂きます。

独自のブログは何でも自分で決めることができる反面、何から手をつけたらいいか右も左も分からないような状態です。

なので皆さんにも所々そういった「不慣れ感」をお見せしてしまう場面があると思いますが、

試行錯誤しながら徐々にアップデートさせていきたいと思いますので、どうかこれからもよろしくお願い致します。

まとめ

以上3点を端的にまとめると、

・ありがとうございました

・がんばります

・よろしくお願いします

といったところでしょうか。

ふざけているわけでは決してありませんが、これ以上に綺麗なまとめが思い浮かびませんでした。笑

前回同様、サッとまとめられたことを長々と書いてしまったのにも関わらず最後までお読み頂きありがとうございました。

今後とも「のんびぶろぐ」をよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました