2021-10

ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】和牛(著)『和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。』

僕はこの本を主に電車の中で読んでいたのですが、「マスクあって良かった〜」と何回も思わされた本でした。あやうく一人でニヤけてるやばい奴になるところでした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました