【感想/書評】小野寺史宣(著)『ライフ』

スポンサーリンク
ライフアイキャッチ

小野寺史宣(著)『ライフ』 ポプラ文庫

ほのぼのとした小説が読みたいな〜と思っていたところ、書店で見つけたので購入。

あらすじはこんな感じです。

高校時代に父を亡くし、母は再婚して別の家庭にいる井川幹太は、やりたいことも見つからぬまま二十七歳になっていた。勤めていた会社を辞め、コンビニでアルバイトをしながら荒川沿いのアパートで暮らす静かな日々。だがある日、上の部屋に戸田という騒がしい男が引っ越してきて__。

本書裏表紙より引用

著者の小野寺史宣さんは、2019年の本屋大賞で第二位に輝いた『ひと』などの話題作を数多く世に出されている方です。

個人的には初読みとなる作家さんだったので、どんな感じかと思いながら読み始めましたが、、

良かったです。

(ちょっと雑かもしれませんが)一言で表すならフーーッと肩の力が抜けていく感じで、

期待を下回ることなく、そして(良い意味で)大幅に上回るわけでもなく、

「それでいいんだよ」と言われているような、

そっと背中を押してもらったような気がした作品でした。

ハッキリ言ってしまえば、この作品では殺人事件が起こったり、散りばめられた伏線が…というような展開はまったく起こりません。

でも、だからこそ、

少しずつ変化していく主人公の気持ちを読み取ることができたり、自分自身と今一度向き合うことができるといった、しずかな良さがあります。

加えて、これは実際に読んで頂かないと伝わりにくいかと思いますが、

シンプルな言葉を非常に大切にされているなぁ…

といった印象を受ける文章で、難しい言葉や表現はまったくなく、スッと読んでいける「読みやすさ」がありました。

そういったところも、この作品の優しさや温かさを後押ししているんだと思います。

というわけでまとまりのない記事になってしまいましたが、

・難しい作品から離れて、ちょっと一息したい方

・しずかで温かい、人と人との繋がりを感じたい方

にはオススメの作品です。

次は、冒頭でご紹介した『ひと』を読んでみたいな〜と思った管理人でした。

超主観的オススメ度 ☆3.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました