ビジネス・エッセイ・実用系

ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岩井勇気(著)『僕の人生には事件が起きない』

読み始める前はなんとなく、「ちょっと毒舌な本なのかな〜」と思っていたのですが、まったくそんなことはなくて、岩井さん独特の雰囲気から放たれる“綺麗な皮肉”に何度もニヤッとさせられました。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】河野玄斗(著)『シンプルな勉強法』

結構から言うと、“めちゃくちゃ革新的な勉強法”はありませんでした。ただ、だからといって学びがなかったわけではありません。むしろ、だからこその学びがありました。たとえば…
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】滝岡幸子(著)『自宅でひとり起業仕事図鑑』

全体を通して学びになる部分はいくつかありましたが、中でも特に参考になったのが前半の「基礎知識」の部分です。今まで“自宅で起業”という響きになんとなく興味はあったけど、実は色々なルールがあるんだなぁ…と思わされました。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岡田悠(著)『0メートルの旅』

クスッとさせられるユーモアと、だけど詩的で小説的でもある綺麗な表現が絶妙な塩梅で共存していて、まるで本の世界からタイムスリップして、旅先の澄んだ空気に触れたかのような心地よさがありました。久しぶりに「あぁ良い本に出会ったなぁ…」という思いにさせてもらった本でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】和牛(著)『和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。』

僕はこの本を主に電車の中で読んでいたのですが、「マスクあって良かった〜」と何回も思わされた本でした。あやうく一人でニヤけてるやばい奴になるところでした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】梅村達(著)『派遣添乗員ヘトヘト日記』

添乗員として20年近いキャリアを築かれています。だからこそ語ることのできる赤裸々なお話が今回もたくさん書かれていました。もし今後旅先で添乗員さんと接する機会があれば、絶対に「ありがとう」って言おうと思った本でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】南野苑生(著)『マンション管理員オロオロ日記』

このシリーズは、様々な職業における「その道のプロ」による体験談が赤裸々に書かれていて、求人広告などには絶対載ってないリアルな現状を知ることができます。前回の『交通誘導員ヨレヨレ日記』と比べると喜ばしい話の割合も多く、ホッコリさせられる場面も何度かありました。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】サトウマイ(著)『レジの行列が早く進むのは、どっち!?』

この本は、そんなデータのプロによって統計学が分かりやすく解説された本になっています。タイトルにもなっている「レジの行列について」はもちろんのこと、ほかにも高確率でジャンケンに勝つ方法など、日常に即した興味深いテーマが統計学的な視点から解説されており、単純に読み物としても面白かった本でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】F(著)『20代で得た知見』

というのもこの本、いわゆるビジネス書や実用書とは違い、一言でいうと「ポエム集」のような内容になっています。先に結論から言っておくと、かなり良い本に出会えたな…という感想を持った本でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】永松茂久(著)『20代を無難に生きるな』

この本はそんな永松さんが、まだ社会人として未熟な若者に向けて「20代の生き方」を説いてくれている本です。そもそものターゲット層としてブッ刺さりしてる僕(20代半ば)にとっては、想像以上に参考になる部分が多い本でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました