ビジネス・エッセイ・実用系

ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岸田奈美(著)『もうあかんわ日記』

ご多分に漏れず僕もこの「思わず笑っちゃう文章」が好きで、毎回一人で読みながらニヤけるという、側から見たらなんとも気持ち悪い状況にさせられてしまうのですが、今回は少し事情が…
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】高村友也(著)『自作の小屋で暮らそう』

ということで実際に読んでみたのですが…ひいきなしで読みやすく、そして面白い本でした。山の中にゼロから家を建てて行く臨場感満載の文章には、自ずと好奇心をくすぐられるものがあります。こんな感じで単純に読み物として面白い本なのですが
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】pha(著)『しないことリスト』

というのも、これらのいわゆる「がんばらない」系の本って、本当にとことん「がんばらない」方向で話が進められることが多いんです。そのゆるさであったり、考え方が一切ブレないところが心地よくて僕自身かなり好感を持っているのですが、
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】北野唯我(著)『転職の思考法』

この本はそんな北野さんが、先行きの不透明な時代に人生の舵を自分で取るための、まさに「転職の思考法」を授けてくれている本…なのですが、一点だけ他のビジネス書とは異なる点があります。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】ヒトデ(著)『凡人くんの人生革命』※正直レビュー

この本はそんなヒトデさんがいかにして現在の地位にたどり着いたのか、その経緯や考え方が綴られた本になっています。それほどまでに僕に影響を与えて下さった方の本だからこそ、嘘偽りのない正直な感想を述べます…
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】西岡壱誠(著)『東大思考』

この本は、現役の東大生でありながら数々のヒット書籍を出されている西岡さんが「東大生に共通している考え方」について語った本になっています。先に結論から言うと、もっと早く出会っていたかった…と思わされた本でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】堀口英剛(著)『人生を変えるモノ選びのルール』思考と暮らしをシンプルに

無駄なモノは一切ない、だけど決してミニマリストという訳ではない。この形態を表す言葉として、よく自らを「モノマリスト」と称されている堀口さんですが、前々から「どうしたらそんな風になれるのだろう…」という疑問を持っていました。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】キメラゴン(著)『不登校中学生だった僕の月収8桁の稼ぎ方』

この本はそんなキメラゴンさんがいかにして現在の地位を築いていったのか、その“考え方”が書かれた本です。なぜ強調したのかというと理由があって、この本のAmazonレビューに低評価が多いことが気になったからです。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】大原扁理(著)『隠居生活10年目 不安は9割捨てました』

何に対しても影響を受ける必要がないという生き方は、裏返すと全てを自分で決めていく生き方と言えます。つまり、ある意味で誰よりも不安と隣り合わせの日々を過ごしてこられた方と捉えることができるわけです。なので書かれている内容にも自ずと説得力が感じられました。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岸田奈美(著)『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』

岸田さんには知的障害を持つ弟がいる。そして、車椅子生活を送る母親がいる。そして、父親は中学生のとき急逝した。そう、彼女にはお世辞にも恵まれているとは言えない環境で過ごしてきたという側面があるただ、「お世辞にも恵まれているとは言えない」などというのは、どうやら第三者が勝手に作り上げた虚像のようだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました