小説・物語系

ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岩井勇気(著)『僕の人生には事件が起きない』

読み始める前はなんとなく、「ちょっと毒舌な本なのかな〜」と思っていたのですが、まったくそんなことはなくて、岩井さん独特の雰囲気から放たれる“綺麗な皮肉”に何度もニヤッとさせられました。
小説・物語系

【感想/書評】小野寺史宣(著)『ライフ』

ハッキリ言ってしまえば、この作品では殺人事件が起こったり、散りばめられた伏線が…というような展開はまったく起こりません。でも、だからこその静かな良さがあります。
小説・物語系

【感想/書評」東野圭吾(著)『白鳥とコウモリ』★ネタバレあり

率直な感想としては、時間を忘れて没頭させてもらった、すごく面白い作品だったというところです。ひとつのミステリー小説としては、純粋に楽しませてもらいました。最も鳥肌が立ったのは…
小説・物語系

【感想/書評】東野圭吾(著)『白鳥とコウモリ』☆ネタバレなし

率直な感想を言うと、、まず何よりも先に感じたのは、とにかく読みやすいということでした。もちろんただ読みやすいだけではなく、内容も「さすが」といったところなのは言うまでもありません。
小説・物語系

【感想/書評】石持浅海(著)『君が護りたい人は』★ネタバレあり

改めて、あらすじから犯人バラしていくってすごい挑戦的ですよね。さすが石持先生といったところです。それと、今回は優佳の特性についてしっかり言及されていた印象も受けました。
小説・物語系

【感想/書評】石持浅海(著)『君が護りたい人は』☆ネタバレなし

この本は石持浅海さんによるミステリー小説で、『扉は閉ざされたまま』から続く碓氷優佳シリーズ第6弾となる作品でもあります。このシリーズの特徴はなんといっても「倒叙ミステリー」であること。
小説・物語系

【感想/書評】貴志祐介(著)『新世界より』☆ネタバレなし

文庫本3冊に及ぶ壮大な物語を一気に駆け抜けたあとの気持ちとしては、ただただ世界観に圧倒されたと表現するしかなく、結末を迎えてからしばらくはその場から動けませんでした。文庫本3冊分の時間と労力を決して無駄にはしない作品でした。
小説・物語系

【感想/書評】町田そのこ(著)『コンビニ兄弟』★ネタバレあり

こういうお楽しみ要素も加えてきてくれているのがさすが町田先生だな…物語の一番最初の場面、「プロローグ」に登場した女性は一体誰なんでしょうか…?
小説・物語系

【感想/書評】町田そのこ(著)『コンビニ兄弟』☆ネタバレなし

とあるコンビニで働く店長と、そこを訪れるお客さんとのやりとりを中心に展開されるお話です。この作品は対照的に一貫して明るい世界が表現されており、読んでいると自然と心も明るくなるような魅力があります。
小説・物語系

【感想/書評】凪良ゆう(著)『すみれ荘ファミリア』★ネタバレあり

この点においては、「事実と真実は違う」というメッセージ性を強く感じた本屋大賞受賞作『流浪の月』に通ずるものがありました。ちなみに僕はこのメッセージが凄く好きで…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました