本の感想

小説・物語系

【感想/書評】伊坂幸太郎(著)『逆ソクラテス』★ネタバレあり

「逆ソクラテス」ってなんだ、?という印象をまず最初に抱いた作品でしたが、いきなりその意味が明らかになる構成に爽快感を感じたのは僕だけじゃないはず。以降4篇とも同じく小学生が主人公となるお話が続きましたが…
小説・物語系

【感想/書評】伊坂幸太郎(著)『逆ソクラテス』☆ネタバレなし

文学的にも世間的にもかなり有名な方の作品なので、どんなものかと思いながら読み進めていきましたが…「案の定だな。」という印象を受けた作品でした。もちろん…
小説・物語系

【感想/書評】青山美智子(著)『お探し物は図書室まで』★ネタバレあり

青山美智子さんの作品はどれもあまり身構えなくても読めると言いますか、小説初心者の僕でも分かるような優しいお話が展開されていくところがすごく好きです。ちなみに僕はこの作品を読んで泣いてしまった箇所があったのですが、それがこちらです。
小説・物語系

【感想/書評】青山美智子(著)『お探し物は図書室まで』☆ネタバレなし

青山美智子さんの作品は以前投稿した『木曜日にはココアを』に続き2作目となります。前回は、「なんて素敵な小説なんだ…」という印象を受けましたが、今回もまったく同じ気持ちにさせてもらいました。
小説・物語系

【感想/書評】伊与原新(著)『八月の銀の雪』★ネタバレあり

文学作品でありながらどこか神秘的というか柔らかいベールに包まれているような、まさに「八月の銀の雪」という作品だったと思います。5篇とも暗闇に一筋の光がさしたような、最終的には温かい気持ちになるお話だったので個人的には全部好きだったのですが、あえてひとつ選ぶとすれば、、
小説・物語系

【感想/書評】伊与原新(著)『八月の銀の雪』☆ネタバレなし

改めてタイトル全てを見てみると、大きく矛盾していることに気付かされます。「どういうことだ?」という疑問を持ちながら読み進めていったのですが、序盤でいきなりその答えが出てきました。ネタバレ回避のため…
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】ヒトデ(著)『凡人くんの人生革命』※正直レビュー

この本はそんなヒトデさんがいかにして現在の地位にたどり着いたのか、その経緯や考え方が綴られた本になっています。それほどまでに僕に影響を与えて下さった方の本だからこそ、嘘偽りのない正直な感想を述べます…
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】西岡壱誠(著)『東大思考』

この本は、現役の東大生でありながら数々のヒット書籍を出されている西岡さんが「東大生に共通している考え方」について語った本になっています。先に結論から言うと、もっと早く出会っていたかった…と思わされた本でした。
小説・物語系

【感想/書評】深緑野分(著)『この本を盗む者は』★ネタバレあり〜ラストを考察〜

まずは多くの方が一番印象に残っているであろうラストの解釈について。はっきりと明かされるでもなく、かといって物凄くあやふやにされるでもないラストの表現。以下、あくまで個人的な推測ですが…
小説・物語系

【感想/書評】深緑野分(著)『この本を盗む者は』☆ネタバレなし

ひと通り読み終えてみて思うのは、「なんだか不思議な世界に連れて行かれたな」ということです。ミステリーの要素もSFの要素もありながら、かといってそれらのジャンルに分類されるわけでもない、新たなジャンルに出会えた作品でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました