小説・物語系

【感想/書評】ディーリア・オーエンズ(著)友廣純(訳)『ザリガニの鳴くところ』☆ネタバレなし

ひとつの文学作品でありながら、その中にはミステリーや社会学、生物学、人文学などあらゆる要素が組み合わさっており、一言で表現するのが難しいほど壮大な物語でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】永松茂久(著)『20代を無難に生きるな』

この本はそんな永松さんが、まだ社会人として未熟な若者に向けて「20代の生き方」を説いてくれている本です。そもそものターゲット層としてブッ刺さりしてる僕(20代半ば)にとっては、想像以上に参考になる部分が多い本でした。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岸田奈美(著)『もうあかんわ日記』

ご多分に漏れず僕もこの「思わず笑っちゃう文章」が好きで、毎回一人で読みながらニヤけるという、側から見たらなんとも気持ち悪い状況にさせられてしまうのですが、今回は少し事情が…
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】高村友也(著)『自作の小屋で暮らそう』

ということで実際に読んでみたのですが…ひいきなしで読みやすく、そして面白い本でした。山の中にゼロから家を建てて行く臨場感満載の文章には、自ずと好奇心をくすぐられるものがあります。こんな感じで単純に読み物として面白い本なのですが
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】pha(著)『しないことリスト』

というのも、これらのいわゆる「がんばらない」系の本って、本当にとことん「がんばらない」方向で話が進められることが多いんです。そのゆるさであったり、考え方が一切ブレないところが心地よくて僕自身かなり好感を持っているのですが、
小説・物語系

【感想/書評】和山やま(著)『カラオケ行こ!』☆ネタバレなし

この本はいつも紹介しているビジネス書や小説ではなく、漫画になっています。「あれ?てことは全巻読んだの?」と思うかもしれませんが、ここがこの本の最大の特徴。なんと、1冊で完結しているのです。
コラム

【2021年最新版】おうち時間のお供に!200冊以上の読了本から選んだオススメ本10選!

僕が今まで読んできた本の中から、個人的に「特に良かった」と感じた本を紹介していこうと思います。特にビジネス書に関しては今まで嘘なしで100冊以上読んでいるので、そこそこ信憑性があるんじゃないかと思います。では早速。
ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】北野唯我(著)『転職の思考法』

この本はそんな北野さんが、先行きの不透明な時代に人生の舵を自分で取るための、まさに「転職の思考法」を授けてくれている本…なのですが、一点だけ他のビジネス書とは異なる点があります。
小説・物語系

【2021年本屋大賞予想】全10作品の個人的ランキング発表

いつも「のんびぶろぐ」をご覧頂き、ありがとうございます。今回は本の感想でもコラムでもなく、今年(2021年)の本屋大賞にノミネートされた全10作品の個人的ランキングを発表したいと思います。もちろん全ての作品を読みましたが、どれも素晴らしいものばかりでした。
小説・物語系

【感想/書評】加藤シゲアキ(著)『オルタネート』★ネタバレあり

僕は今年の本屋大賞ノミネート作品の中で、この『オルタネート』の感想が一番難しいなぁ…と思っています。というのも、読む前からすでに高い評価を得ている作品なんですよね。歴史のある賞を受賞しているので、どうしてもそういう目で見てしまう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました