宝島社

小説・物語系

【感想/書評】青山美智子(著)『木曜日にはココアを』☆ネタバレなし

この本は、青山美智子さんのデビュー作となる小説で、タイトル通りの「木曜日にはココアを」を含む12本の短編物語が1冊にまとめられた作品になっています物語の舞台は、川沿いにたたずむ「マーブル・カフェ」。この「マーブル・カフェ」を起点に、バラバラだったはずの物語は徐々に繋がりを見せ始めます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました