岡田悠

ビジネス・エッセイ・実用系

【感想/書評】岡田悠(著)『0メートルの旅』

クスッとさせられるユーモアと、だけど詩的で小説的でもある綺麗な表現が絶妙な塩梅で共存していて、まるで本の世界からタイムスリップして、旅先の澄んだ空気に触れたかのような心地よさがありました。久しぶりに「あぁ良い本に出会ったなぁ…」という思いにさせてもらった本でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました