翻訳小説

小説・物語系

【感想/書評】ディーリア・オーエンズ(著)友廣純(訳)『ザリガニの鳴くところ』★ネタバレあり

なんと表現したら良いのか分からない気持ちにさせられたという印象の作品でした。中盤あたりのなかなか物語が展開していかない部分では少し気持ちが折れそうになりましたが、ラストに向けての急加速ですべてひっくり返されました。
小説・物語系

【感想/書評】ディーリア・オーエンズ(著)友廣純(訳)『ザリガニの鳴くところ』☆ネタバレなし

ひとつの文学作品でありながら、その中にはミステリーや社会学、生物学、人文学などあらゆる要素が組み合わさっており、一言で表現するのが難しいほど壮大な物語でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました