角川書店

小説・物語系

【感想/書評】深緑野分(著)『この本を盗む者は』★ネタバレあり〜ラストを考察〜

まずは多くの方が一番印象に残っているであろうラストの解釈について。はっきりと明かされるでもなく、かといって物凄くあやふやにされるでもないラストの表現。以下、あくまで個人的な推測ですが…
小説・物語系

【感想/書評】深緑野分(著)『この本を盗む者は』☆ネタバレなし

ひと通り読み終えてみて思うのは、「なんだか不思議な世界に連れて行かれたな」ということです。ミステリーの要素もSFの要素もありながら、かといってそれらのジャンルに分類されるわけでもない、新たなジャンルに出会えた作品でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました