講談社

小説・物語系

【感想/書評】貴志祐介(著)『新世界より』☆ネタバレなし

文庫本3冊に及ぶ壮大な物語を一気に駆け抜けたあとの気持ちとしては、ただただ世界観に圧倒されたと表現するしかなく、結末を迎えてからしばらくはその場から動けませんでした。文庫本3冊分の時間と労力を決して無駄にはしない作品でした。
小説・物語系

【感想/書評】凪良ゆう(著)『すみれ荘ファミリア』★ネタバレあり

この点においては、「事実と真実は違う」というメッセージ性を強く感じた本屋大賞受賞作『流浪の月』に通ずるものがありました。ちなみに僕はこのメッセージが凄く好きで…
小説・物語系

【感想/書評】凪良ゆう(著)『すみれ荘ファミリア』☆ネタバレなし

ネタバレ回避の記事のためあくまでサラッとした感想になってしまいますが、一言でいうとめちゃくちゃ惹きつけられた作品でした。ゆっくり読もうと思っていたのに2,3日で読み切ってしまったほどです…。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました