貴志祐介

小説・物語系

【感想/書評】貴志祐介(著)『新世界より』☆ネタバレなし

文庫本3冊に及ぶ壮大な物語を一気に駆け抜けたあとの気持ちとしては、ただただ世界観に圧倒されたと表現するしかなく、結末を迎えてからしばらくはその場から動けませんでした。文庫本3冊分の時間と労力を決して無駄にはしない作品でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました